自家製酵母でつくるベーグルとおやつ
<< はさみと栗と秋の空 : main : 【緊急】上関原発を考える広島20代の会 賛同者募集(10/12〆) >>
No Nukes Relay
10月12日から10月25日までの間、広島で『No Nukes Relay』というイベントが開催されます。イベントは上関原発の問題について、今、上関で起こってることを沢山の人たちに知ってもらおうという趣旨で行われます。以下は、ブログ「No Nuke Relay」からの転載です。


「No Nukes Relay (ノーニュークスリレー)」
 〜瀬戸内海の海を原発から守りたいイベント〜


開催期間:2009 10/12〜10/25(2週間)

瀬戸内に残された豊かな海が、今、原発のために埋め立てられようとしています。

上関原発は、中国電力が山口県上関町田ノ浦の海を埋め立て、その上へ建設を計画している原子力発電所です。
去年10月、豊かな漁場であると同時に希少な動植物の宝庫でもある建設予定地の埋め立てに対し、地元内外から多くの反対・疑問の声があるにも関わらず、山口県は埋め立ての許可を出し、今、中国電力は原発建設予定地の目前に暮らし、計画が持ち上がった28年前からその9割が反対を訴え続けている祝島島民に対する説明も対話もないまま、海の埋め立てと原発の建設を強行しようとしています。

去る9/10、中国電力は埋め立て工事に着手しようとしましたが、埋め立て・建設に反対する地元住民や県内外の人々の抗議・阻止行動によって、いまだ工事は始まっていません。ギリギリの阻止行動が続いています。しかし、一旦埋め立て工事によって破壊されてしまえば、自然・生命は仮に後で原発建設が中止になったとしても、元に戻すことはできません。だから、いま、たくさんの人が、この工事に疑問を投げかけ、抗議の声をあげ始めています。
瀬戸内海の埋め立てや、原発に伴うリスクは、隣県・広島に暮らす私たちにとっても、他人事では済まされない重大な問題です。もっとたくさんの広島の皆で、この問題に触れ、考え、声を上げていきたいと思います。

山口県が埋め立ての許可を出している期間は2009/10/22まで。

埋め立て工事が始まらずに済むよう、広島に暮らす私たちの声を集め、発信していきたいと思います。

また、10/22までに埋め立て工事の着工ができなくとも、中国電力はまた埋め立ての許可申請を山口県へ提出し工事に取りかかろうとするかもしれません。

それまでに、この事態を知らない人に知ってもらいたい、伝えてほしい、考えてもらいたいのです。
そうやって繋がった人の輪で、いろんな方面への働きかけに繋がり
そして皆で瀬戸内海を守っていけたらと思います。


ブログ「No Nukes Relay」http://nonukesrelay.jugem.jp/

↓原発建設の為の海埋め立て作業を中国電力が進めようとしている、山口県田ノ浦の現状はこちらから
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
http://iwaijima.jugem.jp/
禅の徒然日記 : comments(0) : - : zenpan :
コメント
コメントする